ichigo's blog

いろんな生き方を考えてみるブログ

自分を変えたいなら、読書&アウトプットが最強〜「読んだら忘れない読書術」

読んだら忘れない読書術




圧倒的な読書量による圧倒的なアウトプットで
どんどん成長できる。
ネット情報だけでは、
質も量も本(知識)には勝てない。
情報は、1年たつと古くなる。
知識は、10年たっても役立つもの。



アウトプットの習慣

「本を読んだ」ことの定義は、次の2つだそうです。
①内容を説明できること(要約の力)
②内容について議論できること


つまり、アウトプット重視なんですね。
たしかに、読んだけど何だったっけ?という状態では、
自分でも満たされないですよね。


内容を説明するって、思ったより難しいです。
読んでいる時は何かを感じていたとしても、
読み終わったとたんに忘れてしまうものです。


夢を見た時と似てるかもしれません。
起きた瞬間は覚えていたのに、
朝の準備をしているうちに、もう忘れてますよね。


だから、読んで終わりではなく、
書く・話すのアウトプットが大事なのです。
もう一度、読み直してみたり、
書いたり話したりしてみることで、
改めて気づくこともあります。


読書をしていて思うことは、
“その本に何が書いてあるか”よりも、
“その本から何を気づけるか”、
つまり、自分の能力によるんだということです。


だから、つまらなかっただけで終わらせるのは、
自分の能力不足だと思って、
どれだけ気づきを得られるかを考えたらいいと思います。
そして、気づいたらアウトプットしましょう。



圧倒的なインプット+圧倒的なアウトプット=成長

インプットとアウトプットを繰り返すと、
頭の回転が速くなり、次のような力がつくそうです。


*思考力
*判断力
*文章力(質もスピードも)


今までも、本をたくさん読んでいた時期がありました。
でも何も変わらなかったので、読書がイヤになりました。
この本を読んで、変わらなかった原因がわかりました。
アウトプットをしてなかったせいですね。
決して本のせいではありません。


子どもの吸収が早いのは、アウトプットのおかげでしょうね。
宿題があったり、皆の前で発表させられたり、
頑張ると親が褒めてくれたり、日誌を書かされたり、
思い起こしてみると、いろんな形で
アウトプットとフィードバックを受けていましたよね。


脳は衰えないことが判明しているので、
大人が成長できないのは、脳のせいではないのです。
アウトプットとフィードバックさえあれば、
いくつになっても、伸びていけるのではないでしょうか。
子どもの頃のような吸収力を持つことも可能だと思います。



私が、読書とアウトプットを試すようになったきっかけはこちらです。
ichigo-it.hatenablog.com



アウトプットの方法

作家になりたいのなら、絶対にしなければならないことがふたつある。たくさん読み、たくさん書くことだ。私の知るかぎり、そのかわりになるものはないし、近道もない。 『書くことについて』(小説家スティーヴン・キング


作家になるわけではないとしても、
文章力はどんな仕事にも必要なことですよね。
読み・書きを繰り返して訓練していきましょう。


ポイントは次のようなことです。

本の内容を要約しながら相手に伝える

「どこがどう役立ったのか」が大事

10日以内に3回アウトプットする

最初は、1冊の本から1コンテンツ(記事)を必ず作る
その次は、1冊の本から2コンテンツ作るようにする

感動とレビュー

*感動 = 自分の今の思い(当日に書く)
*レビュー = 他の人にも役立つ文章(1~2日後に書く)

人に勧めるには「ジャパネットたかた」式で

ジャパネットたかた式という話は一番面白かったです。


ジャパネットたかたは、なぜ人をひきつけるのでしょうか。
話し方・手ぶり身ぶり・説得力、
考えてみればいろいろと参考になります。


そして、何よりいいのは、複数の切り口で勧めていることだそうです。
一つの視点だけでなく、「こんな機能も」「あんな機能も」と、
どんどん興味深い話が出てきます。


複数の切り口で人に紹介しようと思ったら、
複数の視点で本を読まなければなりません。
すぐにはできないことですが、
練習を重ねていけば、
脳力も視野も広がっていきそうですね。


結局、読書は脳の訓練ですから、
スポーツと同じように、練習を重ねる気持ちが必要です。
読書力がどんどん深まりそうですよね。



まとめ

*アウトプットを前提に本を読む
*要約の力をつける
*いろんな面から語れるようにする




読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術