人生に決断力は必要ない!優柔不断は大事なメッセージだった

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。




優柔不断で決断力がない、
そんな自分に悩んでいませんか?
だけど自分の人生に、
決断力は必要なかったんです。
本当にやりたいことなら、
決断なんて必要ないはずなのです。
自分の気持ちを信じてみませんか。


「この話にはどうも気が乗らない」とか「この人はどうも信用できない気がする」とか「なぜかあの人に急に会いたくなった」などと感じたことがありませんか。そうした自分の直観を無視しないでください。心の中で本当に感じていることに注意をはらいましょう。何も感じられなければ、感じられるまで決断を延ばすのです。待っていれば、いずれ何かを感じます。


今回は、
「ソース~あなたの人生の源は、
ワクワクすることにある」
から、決断力について学びます。


この本は、タイトルどおり、
「ワクワク」を基準にしよう
というのがテーマですが、
決断力の話も参考になったので、
今回は、決断力で。



時機じゃなければ決断はできない

ぐずぐずしてていい

ぐずぐずするのは、「時機が来ていないから待て」または「まだ行動のときではない」というメッセージが潜在意識から送られてきたからです。  
するべきことをしないでいると、怠けてヤル気がないように傍目には見えるでしょう。けれども本当の理由は、行動するために必要な情報や準備がととのっていないからなのです。


ぐずぐずして、なかなか決められない時。
それは、まだ時ではないということです。
決断力の無さに悩まなくてもいいのです。


もう少し待ったほうがいいという、
潜在意識からのメッセージなんですよ。
そんな時は、
不安にならずに待ってみましょう。


決断力がないのは悪い?
それは誰が言ったのでしょうか。
あなたの言葉ではないはずです。
周囲から思い込まされているだけです。


そして周囲は、
あなたの幸せには関心がありません。
ぐずぐずしている人を見てるのがイヤなだけです。
優柔不断で決められない人を目の前にして、
イライラしているだけなんですよ。


パソコンの処理中にでる、
砂時計アイコンのようなものです。
遅いとイライラしてきますが、
待つしかないですよね。


そもそも、決断が「速い」「遅い」に
明確な時間の基準なんてありません。
1日で決めたら速い?
数時間で決める人からしたら遅いですね。
数分で決めるひとからしたら、
数時間でも遅いんです。


自分の基準で動きましょう。
ぐずぐずしているということは、
ワクワクしていない、ということです。
ワクワクすることだけでいいんです。


今の仕事にワクワクしてないなら、
それは違うのかもしれませんね。
天職とは何かを考えてみましょう。


でも、辞める決断もできないのであれば、
辞めることも違うのかもしれませんね。
あまり目標を立てすぎても疲れるだけです。


ヤル気が起きないなら、やらなくていい

ヤル気が起きないときには、ぐずぐずしてかまいません。どんどん先に延ばしましょう。そんなときは、ちょっと休む必要があるのかもしれません。自分の気持ちをさぐる必要があるのです。


決断力は必要ないんです。


そもそも「頑張って」「無理して」決断をするって、
不自然ですよね?
本当に好きなことや、やりたいことなら、
決断なんてする前に動いてるんです。


先延ばしは悪いことじゃないんです。
何かが必要なんです。


自分の潜在意識が納得していないんです。
その声に、耳を傾けましょうね。
世間体に負けなくていいんです。



自分の気持ちを信頼する

潜在意識に間違いはない

潜在意識が間違うことはありません。あなたの中にしぶる気持ちがあったり、どうも気が乗らない場合、それは潜在意識からのメッセージなのです。潜在意識は妥協を知りません。喜んでするか、抵抗するかのどちらかです。


潜在意識には妥協がないそうです。
喜んでするか、
抵抗するかのどちらかだということ。
喜んでできないのであれば、
時機を待ったほうがいいです。


しぶる気持ちを無視して突っ走った結果、
やっぱり失敗だったってこと、ないですか?
私はたくさんあります。
恋愛や結婚でも、そんな話はたくさん聞きます。


やっぱり潜在意識は間違ってないんです。
何かが違うと感じたなら、本当に違うのです。
もっと自分を信じましょう。


気が乗らないのに
無理してやっても時間のムダです。
最初は気が乗らなかったけど、
後から心が変わったこと、
私は一度もなかったです。


「面倒」という気持ちは変わりますよ。
面倒だと思ったけど、
やってみたら良かったというのは、
ただ単に、怠けてただけです。


それとは違って、
「どうしても気乗りしない」
こちらはアウトです。
もう結論は出ています。


面倒なだけか、
気乗りしないのか、
その見分けも難しいですけどね。


直感に従ってみたら、
いいんじゃないでしょうか。


本当は知っている

心の中に小さな声があり、あなたが耳を傾けさえすれば、多くのことを教えてくれます。何がほしいか、何をすべきで何をすべきでないか、どこに行きたいか、なぜそうしたいか、いつ始めるべきか、どんなペースでどうやって進むべきか、などを教えてくれます。すばらしいではありませんか。この声に常に耳を傾ける習慣をつけましょう。


本当は、答えがわかっているはずです。
でも、理屈であれこれ考えて、
一般的に良さそうなものを選んでしまうのです。


自分の人生なんだから、
もっと自分の気持ちを当てにしてみませんか。


しっかりと耳を傾けてみましょう。
答えを知っているのは他人ではありません。
自分です。


そして、「やってみよう」と思えたことは、
躊躇せずに、全部やってみることです。


そうすることで、
必ず何かが変わり始めます。
他人の言葉じゃないんです。
聞くべきは自分の言葉だったんです。


気乗りしない、ヤル気になれない、
なんとなく心が抵抗する、
そんなことがあるなら、
いったん立ち止まって
ゆっくり考えてもいいんですよね。


優柔不断な自分でも大丈夫。
自信をもって進みましょう。



~まとめ~

めいっぱい、ぐずぐずして答えを探ろう
ワクワクするなら決断の時かも?




こちらの本もおススメ。
ichigo-it.hatenablog.com
ichigo-it.hatenablog.com




ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。