仕事のできる人は、こうする~シンプルに〇〇を考える

シンプルに考える



人々を幸せにする──。 僕は、これこそ、ビジネスを成功させるうえで、さらに言えば、生きていくうえで最も重要なことだと思います。


この本は、LINEの元社長が書いた、
一流の人の仕事の考え方です。
それは、タイトル通り、
とてもシンプルなものでした。


これを読むと、
LINEに対する見方も変わります。


さて、一流の人は、
シンプルに、何を考えているのでしょうか?



LINEの成功理由

差別化を狙わない

スマートフォンのコミュニケーションで、ユーザーが求めている最も重要な価値は何か?」と徹底的に考え抜いたのです。その結果、テキスト・メッセージ機能にフォーカスして、シンプルにそれだけを磨き上げていったのです。


LINEの誕生は、
差別化を狙ったわけではなく、
どこまでも、ユーザーの求めるものを
突き詰めた結果だそうです。


LINEでのやりとりは、
使いやすくてとても好きです。


電話番号による友達追加や、
写真共有、グループでのやりとりなど、
すべてはユーザーの価値を考えて
開発したそうです。


QRでの友達追加も、
すごくいいですよね。


LINEのようなサービスはたくさんあります。
そして、どこも差別化を狙い、
高度な技術革新に力を入れたようです。


目新しいものよりも、
ユーザー目線を大事にしたほうが、
本当に役立つものを生み出せるのですね。


自分の技術の高さを見せるとか、
高度でかっこいいものを作るよりも、
本当に皆に喜んでもらえるもの。
それこそが大事だったということです。


ユーザーにとって最も重要な価値にフォーカスする。そして、その価値をとことん磨き上げる。そのときはじめて、僕たちは真の差別化を生み出すことができるのです。


とてもハッとさせられる視点でした。


自分の見栄では意味ないのです。
人の役に立つかどうか、
それだけだったんです。



イノベーションは目指さない

LINEのトップページにバナー広告を出せば「売れる」ことはわかっていました。しかし、僕たちは、それを選択しませんでした。なぜなら、それはユーザーにとっては邪魔だからです。


バナー広告は、
ユーザーのためにならない。


じゃあ、どこから収益をあげるか?
そこで生まれたのが、
スポンサード・スタンプ。
それが収益の柱になったそうです。


海外からは、
「これはイノベーションだ」と、
高く評価されたそうですが、
イノベーションを目指したわけでは
なかったとのことです。


シンプルに、
ユーザーにとっての価値を追求しただけ。


自分たちのアイデアを、
世に知らしめるためではなかったのです。


「ユーザーのため」「人のため」
そこを徹底して考えたときに、
結果として、他社とは違う、
画期的なものが生まれたのです。


私たちは、ついつい、
人とは違うことをやろうと
躍起になってしまいますが、
そもそもの動機が間違ってたんです。


それって、自分の存在を
アピールしたいだけですよね。
「自分のため」でしかありません。


逆の立場で考えれば、
そういう人に魅力なんて
感じないはずです。


でも、自分のことになると、
それがわからなくなり、
「人のため」と言いながら、
自分のために必死になってしまいます。


LINEを使うたびに、
「人のため」って何なのか、
思い出してみようかと思います。


ユーザーの声を聞き過ぎない

ユーザーは「本当の答え」を教えてはくれません。 だから、ユーザーの声を表面的に聞くだけでは「道」を間違えます。大事なのは、ユーザーの声を深く掘り下げて、「ユーザーが本当に求めているものは何か?」を自分の頭で考え抜くこと。


これは驚きの発想でしたが、
ユーザーの声を聞き過ぎると
失敗するのだそうです。


なぜなら、ユーザーには、
不満はあるけど、
イデアがないからだそうです。


自分に置き換えて考えてみたら、
まさに、その通りです。


いろいろ不満を言っても、
じゃあどうする?と聞かれたときに、
何も答えられないことばかりです。


どうしたらいいんだろう?と、
悩んでしまいます。


一流のビジネスというのは、
どうしたらいいか?に、
答えることだったんです。


ユーザーの声は、不満。
そこからアイデアを出すのが仕事。


どうしたらいいかを
必死で考え出した人に、
お金が提供されるということです。


仕事に限った話ではないですね。
何かに不満を感じたとき、
その解決策を、
自分でしっかり考えたいものです。


人の気持ちがわかること

やりたいことをやって、自分らしく生きていくためには、自分本位であってはなりません。常に、「人々は何を求めているのだろう?」「人々は何に困っているのだろう?」と考え、試行錯誤を繰り返しながら、人の気持ちがわかる人間にならなければならないと思うのです。


結局は、人の気持ちがわかること。
そこにしか
成功の要因はないということですね。


やりたいことをやったとしても、
人からの共感を得られなければ、
続けることさえできません。


人の気持ちを考える。
ベースにそれがなければ、
自分らしく生きるなんて、
無理だったんです。


そのプロセスの中では、
理解されないこともあるのでしょう。


だけど、「人々の幸せ」という、
最終の目的に向かっているからこその、
一時の評価は気にしない、
そういうことですよね。


そのときにこそ、
他人の目に左右されないという、
勇気が必要なわけです。


ただ単に、自分の私利私欲のために、
他人を気にしないのではなかった。
自分本位とは全然違うことを知りました。



「自分のため」と「人のため」
そのバランスをとるには、
人の気持ちがわかる自分になること。
きっと、そういうことです。


改めて、LINEってすごいなと
感じました。



できる人の、仕事のやり方

不安を楽しむ

すべては、自分が決めること。どんな仕事をするか、仕事とどう向き合うか、どんな会社で働くか、何を大切にして生きるか……。その選択で、人生は決まっていくのだと思うのです。 もちろん、常に不安です。 でも、それがこの世の現実なのだから、むしろ、その不安を楽しんだほうがいい。


私は、できる人には、
不安はないと思ってました。
だから、不安を感じる自分は、
まだまだなんだと。


だけど、一流のビジネスマンにも
不安はあったんです。
大企業にも不安はあります。
いちど成功しても、次の不安がくる。


不安になる心理は、
誰もが同じだったんです。


だからこそ、
その不安を受け止めつつ、
次を生み出すことに集中すること。


それしかないわけです。


不安だ、不安だと言いながら、
何もしないというのが、
一番ダメってことですよね。


誰にでも、不安が常にあるというのは、
覚えておいたほうがいいかもしれません。


僕は不安を無理やり消そうとは思いません。 実際に、明日何が起こるかわからないのですから、不安を消そうとしても消えはしません。


皆、同じなんです。
だから頑張るんです。


不安を楽しめるようになれたら、
すごくいいですね。


ワクワクする

「こんなサービスが実現できたら、みんな喜んでくれるはずだ」とワクワクしながら仕事をする。このワクワクする気持ちが大切なのだと思います。


ワクワクが大事、
とはよく言いますが、
それも結局は、
どうしたら喜んでもらえるか?
それを考えてのワクワクだったんです。


やはり「人のため」なんですね。
それがないワクワクなら、
単なる快楽です。


「自分を認めさせたい」ではなく、
人を喜ばせることに
ワクワクしていきましょう。



仕事はしんどい

「仕事を楽しもう!」という言葉がもつニュアンスと、僕の感覚はずいぶんと違います。なぜなら、仕事は厳しいものだからです。生半可な姿勢では、ユーザーに喜んでもらうことなどできるはずがありません。


仕事が楽しいかどうか?
それを考えていましたが、
単なる楽しさとは違ったようです。


しんどさとプレッシャーの日々。
「人のため」を考えるからこそ、
その厳しさを乗り越えるんですね。


しんどいと感じたとき、
「人のため」だから当然のこと。
そう思ってみるといいかもしれません。


楽しいばかりが仕事じゃない。
人の役に立ってこそですよね。


優秀な人は喧嘩しない

他人の仕事のあらさがしをして、問題点ばかり指摘する。これは、僕が思うに、仕事ができない人の典型的なやり方です。仕事とはユーザーに価値を提供すること。そのために貢献しようとしない人で、仕事のできる人はいないのです。


他人の仕事のあらさがし
つい・・、してしまいます。


どうしても他人のやり方が
気になってしまいます。


だけど、いいものを作ることが目的なら、
そんなことは考えないのです。


優秀な人ほど喧嘩をしないそうです。
なぜなら、時間がもったいないから。
そんなことをするより、
いいものを作ることに集中する。


それができる人の仕事のやり方。


喧嘩をすることが目的ではなく、
価値を提供することが目的。
その目的に沿った議論なら、
大いにするということなんでしょうね。


これは、深く反省させられました。


**


会社の歯車となるために自分を押し殺すようになった人に、本当の意味で人々を喜ばせるような仕事をすることはできません。それよりも、高い技術と情熱をもつ社員たちが、のびのびと能力を発揮できる環境を整える。


LINEを誤解していました。
なんだか、うまいこと、
ビジネス商戦にのっけられてるような、
そんな感じがしていたのです。


でも、どこまでも、
ユーザーの側に立っていたんです。


仕事においても、人生においても、
見習うべき点がたくさんありました。


人を喜ばせるような仕事、
できていますか?



~まとめ~

一流の人は、
ただシンプルに、「人の幸せ」を考えている





同じ著者が書いた本で、
この本も面白かったです。
ichigo-it.hatenablog.com




シンプルに考える

シンプルに考える