ichigo's blog

いろんな生き方を考えてみるブログ

人生に意味を感じたいなら、これを身につけよう〜「七つの習慣」

完訳 7つの習慣 人格主義の回復




習慣は本能とは違います。
自分で学んで身につけていかなければなりません。


「七つの習慣」は世界的な名著なので、
ぜひ一読をお勧めします。
やはり古典は原点です。



七つの習慣の七つとは

  • 「自立」に関する課題が3つ
  • 「相互依存」に関する課題が3つ
  • 「自分磨き」

このような構成になってます。
これさえ実行できたら、人生の指針としては十分ですね。



自立

①反応を、主体的に選択する

何か嫌なことが起きたとき、反射的に感情を出すのではなく、
一呼吸おいてから、反応を自分で選び直すという意味です。


私にはとても苦手な部分で、
何度も試みてはいますが、
ついカッとなったり、余計な言動をしてしまったりと、
なかなかその場での選択ができません。


嫌なことを言ったのは相手の責任かもしれませんが、
それをどう解釈するかは自分の責任なんです。
それが「主体的に」ということです。


ずーっとイライラが頭から離れず、
一人でモヤモヤしてしまう、悩みに入ってしまう、
それは誰のせいでもない、自分のせいです。
わかってはいいますが、ずっとできないでいます。


とりあえずは、
後からじっくりと選び直すことから始めてみましょう。
とっさの選択は難しくても、
後から考えることはできるはずです。


感情が落ち着かなくてなかなか難しいのですが、
それを習慣化することがテーマなので、
やってみるしかないですね。


②ミッションステートメントを考える

これがなかなか難しいです。
自分の葬儀を想像して、そのときに周囲から何と語られたいか
それをイメージすると良いということですが・・・


何と言われたらうれしいのか、
自分のことでもなかなかイメージできません。
これかな?と思うことがあっても、何か違う気がしてしまうのです。
じっくりと分析する必要がありそうです。


さてさて、なんと言われたいですか?


③最も重要なことを優先する

ここが有名な「時間管理」の話になります。


ムダなことに時間を費やさない、
時間がなくてできないという言い訳をしない、
一番大事なことを一番にやろうということです。


自分にとって一番大事なことって何だろう?
まずはそこからです。
自分の答えが、結局は世間体を気にしてのことだったり
虚栄心だったりして、
実は自分のやりたいことではないかもしれないですよ?
ここも十分な検討と分析が必須です。



相互依存

Win-Winを目指す

人生を競争の場ではなく協力の場ととらえる
決断のとき、問題解決のとき、
お互いの利益になり、お互いに満足できる結果を目指す

自立がしっかりできたうえで、相互依存を目指します。
「自立」ができてないと「依存」になってしまうため、
まず自立・次に他者、という順序が大事です。


なかなか「他者」を自分の心に入れられないのは、
「自立」の課題がクリアできていないからかもしれません。
いきなり難題に挑むよりも、
一歩一歩進んでいくほうがいいそうですよ。
難しいと感じたら、一番目に戻ってみましょう。


人生の中で、数カ月、もしくは数年、
自分にじっくり取り組む期間があってもいいと思います。
どうしても「人のため」というのがツラくなるようであれば、
「まず自分」と思ったほうがいいです。


ただし、自立のステージにいつまでもいては、
何にも進まないのも事実です。
少しずつでも、他者へのアプローチに挑戦してみましょう。


⑤理解してから理解される

共感とは、相手の視点に立ってみることである。相手の目で物事を眺め、相手の見ている世界を見ることである。それによって、相手のパラダイム、相手の気持ちを理解することである。


「なぜ分かってくれないのだろう」と嘆くのではなく、
まず最初に、自分が相手を理解するのです。


「分かってくれない」という愚痴をよく聞くし、
自分もよく言ってしまうので、
多くの人にとって、かなりの難題ではないでしょうか。


④のWin-Winもそうですし、
自分が先に理解するということについても、
誰もが納得できることであり、
自分でもその通りだと思ってますよね。


でも、いざとなったら、
とっても難しくないですか?


口では理想を言いながら、
実際には全然できていないということも
多々あると思います。


「競争ではなく協力」
「まず相手を理解する」
そのような姿勢で取り組めてますか?


⑥他者とともに相乗効果を発揮する

相手の立場を裏づける考えを理解する

相乗効果で問題解決をしていく

④と⑤ができるようになったら、
とてつもない相乗効果が現れるそうです。
どんな相乗効果なのでしょうか。
私はまだ、経験できてないです。


「七つの習慣」と言うと、
時間管理の方法が一番クローズアップされていますが、
というより・・・、私自身がそう思っていたのですが、
他者との相乗効果を一番考えなければいけない気がします。


そこに取り組まないと意味ないですよね。
じゃないと、単なる自己啓発本になってしまいます。


私たちは、自分のことに焦点を合わせること(自己尊重・自己啓発・自己向上)に意義があるとする、幻想的な社会に甘んじて生きている。
それは「私はこれを望みます」「私のやり方でさせて」「私のやり方でしました」という生き方である。

しかし、何千年も前からある啓蒙書は、「自分自身を高めるうえで最も大切なこととは、自分の行動が人をいかに勇気づけられるか、ということである」と繰り返し説いている。

貢献すること、つまり、自分自身のことよりもっと高い次元に目的を置いて生きることに意義があるのである。


つい忘れてしまいがちですが、
これは人生の指針ではなく、習慣に関する話です
習慣化するしかないんです。


それにしても、「自立」と「相互依存」が習慣だというのは、
なかなかハードルの高い話です。
だけど、意義ある人生を送りたければ、
努力するしかないんですよね。



最後の1つは・・・

⑦自分磨き

「自立」と「相互依存」のバランスをとっていくために、
必要なものが自分磨きです。
自分の能力を高めることを怠ってはいけないんです。


スキルアップに取り組んだり、読書や運動、
趣味に取り組むことでもいいと思います。
自分の視野を広げ、向上につながることなら、
何でもやってみることですね。



七つの習慣すべてに貫く法則

人が守るべき普遍の原則

原則中心の生き方から生まれる知恵と指針は、物事の現在、過去、未来を正しくとらえた地図に基づいている。正しい地図があれば、行きたい場所がはっきりと見え、どうすればそこに行けるのかもわかる。


七つの習慣では、
「原則中心」ということを強く主張されています。
人が守るべき原則・法則があり、
そこに従っていくのが正しい生き方だと。
交通法則を守るようなものですね。


じゃあ、法則って何?っていうのは、
具体的にこれ!って言えないのですが、
だいたい、次のようなことが書いてありました。


普遍の原則とは、例えば次のようなもの

誠実、正直、人間の尊厳、貢献、忍耐、励まし

いわゆる、どんな時代でも当然のように受け入れられる、
人間の資質とか、徳のようなものですね。
誰もが「確かに大事だ」と納得しているものです。


農場の法則(原因結果)

撒いたものを収穫する、撒いてないものは育たない。
自然の法則は不変なんだってことです。


「なぜ自分だけが?」と思うのではなく、
その種を撒いたのは自分だよね~、ということですよね。
つい忘れてしまいますけどね。


「真北」の法則

どんな状況に置かれても、
自分自身にとって核となる大切にしたい考えや理念、
自分の人生で一番成し遂げたいこと、
常にそこにコンパスの針を合わせていくことを言われています。


道を見失ったとき、落ち込んだときは、
北極星をさがそう!ってことですね。


ただ、その北極星とは何なのか?っていうのは、
いまいちわかりませんでした。
自分でつかむものなのかもしれません。
核となる理念ですからね、
自分でしっかり練っていく必要があるのだと思います。


悩み続けていましたが、
「嫌われる勇気」を読んで、これかな!と思うものがありました。
ichigo-it.hatenablog.com




物のパラダイムから人のパラダイムへの転換

従来の時間管理法
  • 仕事を効率的にこなす
  • 他人を管理・監督する

 →人を物に格下げする考え方

人のパラダイムによる時間管理法
  • 相手の力を伸ばすことに時間を割く
  • 相手の創造力を信じ、相手自身に自己管理能力を身につけさせる
  • 他人と一緒に問題に取り組み、互いの希望を明確にする
  • 効果的なコミュニケーションができるような人間関係作りをする



習慣については、こちらの本はもう少しハードルが低いです。
ichigo-it.hatenablog.com



~まとめ~

自立から相互依存へ(まず自分・次に他者)
そして、自分磨きを怠らず、
自然界を貫く法則にのっとって生きていくこと




完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (9件) を見る