脳科学

自分には見えてない世界がある~直感の逆もまた、真実です。

認知バイアスは、そうとわかっていても、つい落とし穴にはまり、なかなか修正することができません。だからこそ認知バイアスなのです。 人は自分のクセに無自覚であるという事実に無自覚です。 自分には 見えてない世界がある 見えてないのです。 だけど厳然…

直感を信じて生きていこう!~ただし、認知バイアスにご用心。

脳を知れば知るほど、自分に対しても他人に対しても優しくなります。そして、人間って案外とかわいいなと思えてくるはずです。 自分に見えているものと、 他人に見えているものは 違う。 その理由は、 脳の仕組みにあります。 「自分では気づかない、 ココロ…

苦しみの原因は自分の外に在る~自分は無力な存在だと知ろう

「自分が悪いのではないか」とか「自分が〇〇をしたから〇〇になったのではないか」と意識で判断してしまう感覚こそ、万能感です。「問題の原因が自分にある」と考えることは、かえってとんでもなくおこがましいことだと自覚しましょう。 原因は自分にある。…

苦しみの原因は自分にはない~「自分のせい」なんてトンデモナイ

あなたを苦しめている問題は、あなたの「外」に「在」る 原因は自分の外に在る。 それを 外在化と呼ぶそうです。 原因結果の法則とか、 引き寄せの法則とか、 そういうものを学ぶと、 必ず思います。 「自分が悪かったのか」 でも、違ったんです。 自分は悪…

過去を振り返らない方法とは〜言葉の力で記憶を変えよう

ベストの選択とベストの結果の集積としての現在にもっと自信を持ちましょう。現在はベストの選択がもたらしたベストの結果です。 過去のことで、 いつまでも くよくよしていたら 新しい一歩が踏み出せません。 過去の出来事を どう解釈するのか、 それは、 …

号泣のススメ〜ストレス解消には「笑い」よりも「涙」

泣くとスッキリするのは、脳の中で「ストレス状態からリラックス状態へ」という、決定的な「スイッチング」が行われているからなのです。 ストレスに弱い人は、 セロトニンが弱い人 それを前回、学びました。ichigo-it.hatenablog.com では、 セロトニンが弱…

ヤル気を出しすぎると疲れる〜セロトニンで穏やかな幸せを!

セロトニン神経が活性化していれば、頭がクリアになり、元気がみなぎり、心は安定し、ストレスや痛みに強く、姿勢も表情も引き締まるのですから、いいことずくめです。 ヤル気の正体は、 ドーパミンでした。 反対に、 リラックスの正体は、 セロトニンです。…

幸せの秘訣は、共感すること~カタルシスを体感しよう

セロトニンの幸福感は「安らぎ」や「くつろぎ」といった感情を基盤にした穏やかなものです。私たちが幸せを感じ、癒されるためには、セロトニンをしっかり活動させることが不可欠です。 ヤル気を出すには ドーパミンを出すことが コツでした。 ichigo-it.hat…

ヤル気の正体は、ドーパミン〜これを理解すれば脳をコントロールできる!

全くイメージできない目標は実現しません。 なかなか叶わない願いがある、 それって、実は、 想像できてないからでは ないですか? 願いというのは、 想像できたことしか 実現しません。 想像力が大事なんです。 だから、 現実的で悲観的な人は、 なかなか叶…

脳を若返らせる3つの方法!〜脳を使えば老いない

そもそも人間の脳は、ふだんほとんど使われていません。働いているのは潜在情報処理能力の3%もないでしょう。 脳の若返りには、 抽象的に考えることが 効果的だということです。ichigo-it.hatenablog.com 脳をたくさん使ったほうがいい そういうことですね…

具体的に考えると老化する!?~若返るためには〇〇的がいい

脳の若返り―。 それは、人生の本当の喜びをあなたの手に取り戻すことでもある 若さを保つために、 何をしていますか? 食事に気をつけたり、 サプリを飲んでみたり、 高い化粧品を使ったり、 いろいろ試行錯誤しますよね。 でも、飲んだり塗ったりよりも、 …